寝る時間より遊びたい

今思うとよくそんな生活を送れたなった思うのですが、学生時代はバイトしてお金を稼ぎながらも友達と遊びまくっていました。

いつ寝ていたんだろうと思い返してみると授業中でした。 授業中涎を垂らしながら爆睡する私に先生から良く注意を受けていました。 時には立たされたまま寝ていました。 今考えるとちゃんと授業に参加しろよっと突っ込みどころ満載なのですが、当時はバイトも遊びも楽しかったんですね。 立たされたまま寝るなんてよっぽど疲れていたんだなっと今では良い思い出話です。

友達もバイトに明け暮れていた子が多く休みが合うと必ず遊びに行っていました。 地元では年がら年中花火大会やお祭りがあった為、お祭りを口実に皆で集まり騒ぎ回っていました。

バイトのおかげで自由なお金も多くカラオケや都心に買い物、プチ旅行は時間を作っていました。 行く場所を決めずにとりあえず電車乗ってどっか行こうなどと行き当たりばったりでした。

遊ぶグループも色々ありました。 親友とは二人でカラオケや買い物、旅行で遠出する事が多かったです。

親友を含んだ学校の仲間とは学校帰りにご飯を食べに行ったり、制服の下に水着を着て帰り道にある海にそのまま飛び込んだり無茶ばかりしていました。

先輩を含んだ仲間うちとはドライブに連れて行って貰ったりダーツやビリヤードを教えてもらっていました。

彼氏がいた時期もありましたが、思い出すのは仲間や友達と一緒に遊んでいた時の記憶ばかりです。 暇が嫌なのか、ただ皆で集まって何かをやるのが好きだったのかわわかりませんが一人になる事がほとんどありませんでした。

携帯で呼び出だされてもすぐ飛んで行きました。 バイトや学校が始まるギリギリまで遊んでいたり完全に若気の至りです。

そこまでして遊んでいたのでお金なんて毎日の様に使い込んでいました。バイト先で前借もできていたので毎月バイト代は前借でなく、仕送りもほとんどが遊びで使っていました。

生活費ももちろんなくなるのでお金を借りて生活をすることも・・・

結構無茶な生活をしていましたね・・・

疲れていても誘われれば断らないし、暇そうな子を自ら誘っていました。 アクティブな自分にビックリです。 社会人になってからは疲れたらお誘いを断り寝ているなんて事も良くあるので学生時代に戻りたいと思ってしまいます。